レーシックイメージ

レーシックの種類とその違いについて

3年ほど前にレーシックの手術を受けることを決心して、様々な施術法について研究したことがありますが、最近ではかなりいろいろなものが登場してきていて、予想以上にバリエーションと違いがあることがわかりました。
まずアイレーシックはイントラレーザーとウエイブスキャンにエキシマレーザーを組み合わせたもので最近ではもっとも人気のあるものです。
実は私もこれを利用しました。
イントラレーシックはイントラレーザーによって精密なフラップをつくる方法ということで、こちらも普及している方法といわれています。
さらにラゼックという方法は、フラップを作らずにエキシマレーザーを照射する方法で、角膜が薄くて通常の手術を受けられない人にお勧めの手法ということになるそうです。
最近では老眼用に薄いレンズを角膜内に入れて手術をするという方法も確立されているようで、こちらも一応バリエーションの一つということができるそうです。
ウェーブフロントという方法は質の高い視力とレーシック特有のリスクを軽減する方法だそうで乱視や不正乱視の患者さんのために提供されている方法だそうです。
そして今一番安い方法でできるのがマイクロケラトームでフラップをつくり、エキシマレーザーで照射させる方法で、雑誌やチラシなどで安くできるといわれているのがこの方法になります。
そのほかにもリレックス・スマイルという格闘技や激しい運動をされる方用の方法もあり、この方法ですとドライアイやハロ、グレアといった症状が出にくいことになるとのことでした。
こうしたレーシックの手術法は年々新しくなる傾向にありますが、機器の使用料もかかってくるため、新しいものは当然金額も高めになってくるようです。
個人的な感想からいいますと、目の問題になるわけですから多少は高くても新しくて確実に施術してもらえるものを選択することのほうが重要なのではないかと思っています。
というのも簡単にやり直しのきかないのがこうした手術になりますので、安くできても効果がなかったり失敗してしまったりしたのでは何の意味もないことになってしまうからです。
私も経験しましたが、最新機器では検査が非常に細かくなっていますので、間違いなくデータを取得すること自体が、レーザーによる手術の精度をかなり高めていると感じました。
ある意味で最新機器をつかってやってもらうのはそれだけ安心度が高いという感想を持ちましたし、実際事前に予想されたとおりに視力も回復したのにはびっくりした次第です。
レーシックとラセックの違いについての記事も参考にご覧ください。

Copyright(C) 2013 れーしっく.com All Rights Reserved.